【重要】再渡米のご報告 | 恵介くんを助ける会 / save-keisuke.com

恵介くんを助ける会 / save-keisuke.com

近況報告

【重要】再渡米のご報告
平素より、恵介くんを助ける会へのあたたかいご支援とご協力、誠にありがとうございます。

突然ではありますが、細谷恵介くんは去る5月12日(土)にフロリダへ向けて再渡米しました。
諸事情により、こちらの判断で掲載を控えておりました。
皆様にはご迷惑ご心配をおかけしてしまい、本当に申し訳ございません。深くお詫び申し上げます。

詳細についてご報告させて頂きます。
恵介くんは2009年3月に渡米し、フロリダ州にあるシャンズ病院にて待機しておりましたが、滞在期間が一年になり患者の負担を考え、2010年3月に一時帰国しております。
その後、シャンズ病院から「肝移植プログラムの閉鎖」の連絡がありました。
会として検討した結果、引き続き米国での移植を第一希望とし、病院を選定しておりました。
選定の結果、同じフロリダ州にある「フロリダMayo」とし、病院側と受け容れの交渉をしておりました。

前回のフロリダ滞在中の検査結果や日本での検査結果を提出後、検査受け容れが受諾され、渡米することになりました。
当初は3月の渡米予定でしたが、恵介くんの体調や検査の予約状況などを考え、5月の渡米となりました。
5月24日から検査が始まり、約2週間ほぼ毎日検査を受けておりました。

検査終了後、移植候補者としてMayoの移植委員会の会議において承認され、正式にリストに掲載されました。
今後は、病院に併設されたホテルでドナーが現れるのを待つことになります。

Mayoを選んだ理由は、他の病院よりも手術費用が安いということもありますが、最大の理由は可能性と信頼性です。
Mayoはアリゾナ、ミネソタにもありますが、フロリダのMayoが比較的肝臓移植が回ってくる確率が高く、また全米でも屈指の術後生存率を誇ります。
現在の術後1年の生存率は全米平均が88.68%であるのに対して、フロリダのMayoは94.13%を誇ります。
また、日本人の方も勤務しており、通訳もして下さるので安心できます。

上記の理由から今回、「フロリダMayo」にさせて頂きました。 ご理解の程、何卒宜しくお願い致します。

恵介くんを助ける会一同

お知らせ

募金目標金額 6,000万円
(募金の内訳はこちら)
現在募金金額 (02月07日現在)
66,284,134円

詳細はこちらから

募金取り扱い口座

【口座名義】
恵介くんを助ける会
(ケイスケクンヲタスケルカイ)

三菱東京UFJ銀行 五反田支店
普通 2664700

ゆうちょ銀行【郵便局】
記号10110 番号44771601

募金方法の詳細はこちら

UP

事務局情報

恵介くんを助ける会 事務局は、維持経費削減のため、閉鎖させて頂く事と致しました。
ご連絡やお問い合わせがございましたら、下記記載の連絡先へ、メールにてご連絡頂ければと存じます。


save-keisuke@live.jp
詳細はこちら

モバイルサイト

Copyright (C) 2008 save-keisuke.com All Rights Reserved.