近況報告(2011年2月17日) | 恵介くんを助ける会 / save-keisuke.com

恵介くんを助ける会 / save-keisuke.com

近況報告

近況報告(2011年2月17日)
皆さん、寒い日が続きますが、如何お過ごしでしょうか?
先日、日本初の心臓移植「和田心臓移植」を実施した札幌医科大名誉教授で元世界心臓胸部外科学会会頭の和田寿郎(わだ・じゅろう)さんが14日、肺炎のため東京都の自宅で死去されました。

札幌市出身。北海道大医学部卒業。1958年、札幌医大第2外科教授に就任し、68年8月に国内初の脳死心臓移植手術を執刀した。77年、東京女子医大教授となり、退任後の88年から世界心臓胸部外科学会会頭を務めた。

『和田心臓移植事件』は遊泳中におぼれ「脳死」とされた21歳の男子大学生から「重度の心臓弁膜症」と診断された18歳の少年への移植手術で、患者の少年は術後83日目に死亡した。

当初は「壮挙」ともてはやされたが、後に
臓器提供者(ドナー)は本当に脳死だったのか、心臓を提供された患者(レシピエント)は移植が必要なほどの重症だったか
といった疑問点が浮上。

ドナーの脳波測定結果など客観的資料がなく、レシピエントを担当していた医大内科医師からも移植の必要性に疑問が呈されるなど疑惑は深まり、68年12月、大阪の漢方医らに殺人などの疑いで刑事告発された(容疑不十分で不起訴)。

この問題は国内の移植医療のあり方や臓器移植法(97年施行)の是非に大きな影響を与えたが、自身は著書「ゆるぎなき生命の塔を」などの執筆や「和田寿郎記念心臓肺研究所」(東京都千代田区)の設立を通じ、正当性を主張し続けた。

06年の札幌医大での講演では「日本全部を敵に回した」「(告発で)臓器移植の分野で日本は30~40年後れをとった」と当時を振り返るなど、移植医療の必要性を訴えた。

当時、この心臓移植のニュースが流れた時の事をはっきり覚えています。
この時は私たち家族のこれから進む道に大きく影響を与えるとは思いもよりませんでしたが、今振り返ってみると、運命めいた繋がりを感じずにはいられません。

和田寿郎先生のご冥福をお祈りいたします。

細谷ちえ子

お知らせ

募金目標金額 6,000万円
(募金の内訳はこちら)
現在募金金額 (02月07日現在)
66,284,134円

詳細はこちらから

募金取り扱い口座

【口座名義】
恵介くんを助ける会
(ケイスケクンヲタスケルカイ)

三菱東京UFJ銀行 五反田支店
普通 2664700

ゆうちょ銀行【郵便局】
記号10110 番号44771601

募金方法の詳細はこちら

UP

事務局情報

恵介くんを助ける会 事務局は、維持経費削減のため、閉鎖させて頂く事と致しました。
ご連絡やお問い合わせがございましたら、下記記載の連絡先へ、メールにてご連絡頂ければと存じます。


save-keisuke@live.jp
詳細はこちら

モバイルサイト

Copyright (C) 2008 save-keisuke.com All Rights Reserved.